日本ドラマ考察

【動画】[Re]ホラー実況#1【返校/Detention】「還願」の RedCandleGames 作品

1960年代の台湾を舞台に、一人の少女のドラマを描いたホラーADV【返校/Detention】を振り返りプレイです

関連記事

  1. 日本ドラマ考察

    【動画】【ワンピース】大監獄インペルダウンの本当の“意味”とんでもない伏線発見!

    ワンピースに出てくる大監獄インペルダウンについて考察していきます!…

  2. 日本ドラマ考察

    【動画】【LIVEアーカイブ】だぁ~れも知らない怖い話 ~第122回~【通常回】

    【★緊急のお知らせ★】只今こちらのメインチャンネルでは生配信出来…

コメント

    • Liao Roger
    • 2019年 3月 03日

    返校実況のアップロード、ありがとう。

    • 徐映畫
    • 2019年 3月 03日

    If somebody want to know more about this game can google”white terror in Taiwan” and “228事件”,this game is the story about Taiwan real life in the past
    People should live safety without funk of Mind control

    BTW,the military instructor in the game is president Ma www

    • 林郁蓓
    • 2019年 3月 03日

    Thank you for playing this game ^^

    • ゆりぴー
    • 2019年 3月 03日

    不思議な雰囲気のゲームで面白いですね!
    テレビの画面で見ていたら、うちの猫がマウスポインタをずっと追いかけていました。笑

    • 純白のお米
    • 2019年 3月 03日

    気になっていたゲームだったので実況が見れてとても嬉しいです。先日鯵さんを知ったばかりなので過去の動画も見直して楽しんでいます🙌

    • Mizu Ran
    • 2019年 3月 03日

    おー!待ちに待つ返校!!
    実況アップロードありがとうございます!
    お疲れ様です~
    今見てきますね~ (わくわく)

    • 東川君
    • 2019年 3月 03日

    アジちゃん、このゲームは外国人にとしてなかなか理解不能かも知れない。おれは中国人だから、このゲームの設定の社会舞台はよく知ってる。これから、1つずつご紹介いたしましょう~
    こちらはウィキペディアで引いた時代的な社会背景の紹介:
    白色テロ (台湾)
    台湾(中華民国)において白色テロ(はくしょくテロ、中国語: 白色恐怖)とは、二・二八事件以降の戒厳令下(英語版)における国民党政府による反体制派に対する政治的弾圧のこと。1987年に戒厳令が解除されるまでの期間、反体制派とみなされた多くの国民が投獄・処刑された。戒厳令が解除された後、台湾政府は正式に謝罪をし、犠牲者に対する補償のための財団を設立した。二二八和平公園や緑島人権文化園区(中国語版)といったメモリアルも造られた。また、二・二八事件やその後の白色テロ時代を描写した芸術作品も数多く発表されている。
    「白色テロ時代」という語は広義には1947年の二・二八事件から1987年に戒厳令が解除されるまでの期間を指す。台湾では二・二八事件以降、中国国民党(国民党)により国民は相互監視と密告が強制され、反政府勢力のあぶり出しと弾圧が徹底的に行われた。白色テロの期間、蒋介石率いる国民党に対して実際に反抗するか若しくはそのおそれがあると認められた140,000名程度が投獄され、うち3,000名から4,000名が処刑されたとされる。大半の起訴は1950年から1952年の間に行われた。訴追された者のほとんどは中国共産党のスパイを意味する「匪諜(中国語版)」のレッテルを貼られ罰せられた。

    国民党支配に反抗したり共産主義に共鳴したりすることを恐れ、国民党は主に台湾の知識人や社会的エリートを収監した。例えば、 台湾再解放連盟は1947年に設立された台湾独立運動の組織であるが、国民党はこれを共産主義者の統制下にあるとして、その構成員を1950年に拘束した。台湾独立建国連盟は同様の理由で政府により迫害された。しかしながら、このような明白な理由付けはなされない政治的迫害もあった。1968年には柏楊がポパイの漫画の翻訳における言葉の選び方を理由に収監された。 白色テロの犠牲者には外省人も多数含まれる。外省人の多くが国民党のおかげで台湾に避難することができたのだが、同伴者を伴わずに台湾に到着すると、現地の台湾人と比べていいように使い捨てられることがしばしばあった。柏楊や李敖のように白色テロを生き延びた外省人の多くは民主化運動や国民党改革を推進するようになっていった。1969年に後に台湾総統となる李登輝は、「共産主義運動」に参加したとされ、台湾省警備総司令部(中国語版)により1週間以上も留置され尋問を受け、「お前を殺すことは蟻を踏み潰すくらい簡単だ。」と言われたという。
    1987年の戒厳令解除とともに二・二八事件や白色テロの話題に触れることを人々は次第に恐れなくなっていった。1995年には李登輝総統による謝罪がなされ、犠牲者やその遺族に対して補償をするための二二八事件記念基金会が設立された。2008年には台北で馬英九総統により白色テロの犠牲者追悼式が行われた。馬は犠牲者とその遺族に対して政府を代表して謝罪し、台湾が同様の悲劇を二度と経験することがないように望むと表明した。
    2017年台湾のゲーム・ディベロッパーの赤燭遊戯は『返校』というSteam向けのサバイバルホラーゲームを発売した。ゲームでは戒厳令下の1960年代台湾が描かれ、台湾文化に基づいた宗教的要素も取り入れられている。当時、全部の学校に教官がいる。彼らの仕事は学校の先生や学生や更に校長先生を監視してて、政府に報告する。このゲームのバイ教官の仕事は同じだ。
    以上です。

    • 棚田誠司
    • 2019年 3月 03日

    アップロードお疲れ様です。やっぱりいい作品は何遍見てもいいですね!
    改めて見ると、一輪だけ残された水仙と一緒に埋められた男性の写真。ウェイ君が訪れた事で意識を取り戻す舞台上のレイなど
    とても意味ありげに感じられます。映画でもそうですが見た人の数だけ解釈の数もある作品って、感想を他の人とあれこれ話すのも楽しめますよね。
    それにしても紅蝋燭さんは可哀想な少女を描かせると天下一品ですな。

    • 鳴上綠
    • 2019年 3月 03日

    土地公=土地神。
    稲荷神みだいの感じ、
    でも墓も土地公の管理範囲。

    • シマザキユイ
    • 2019年 3月 03日

    還願からの返校の流れ、めっちゃいいですね!!!

    • 肉球
    • 2019年 3月 03日

    時代背景も相まって、還願とは違った悲しさと虚しさがありましたよね(>_<)肉球も久しぶりの返校なので楽しませて頂きました(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 日本ドラマ考察

    【動画】木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』最終回 予告動画(30秒…
  2. 日本ドラマ考察

    【動画】PlayStation Classic Web CM『空耳ラップ』篇
  3. 韓国ドラマ考察

    【動画】【キングダム 考察】亜光将軍の本当の強さは〇〇レベル!? その真の実力と…
  4. 韓国ドラマ考察

    【動画】中国のアニメが驚きの急成長 市場規模も日本超え(19/09/07)
  5. 韓国ドラマ考察

    【動画】映画:ハドソン川の奇跡  浜村淳名解説  ネタバレ
PAGE TOP