日本ドラマ考察

【動画】【初恋の悪魔 ドラマ 考察 #11】9話 弓弦(菅生新樹)は頭が良く保身にはしる真の悪魔だ。弓弦の告白からその真相が見えてきた!!<ネタばれ> 林遣都・仲野太賀・松岡茉優・柄本佑

弓弦の告白からその真相が
見えてきた

参考「初恋の悪魔」公式HP
https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/

関連記事

コメント

    • なーこ教信者&こさかな神推し広島県代表
    • 2022年 9月 25日

    最終回を残すのみとなりました

    予告にあった予期せぬ結末

    まだ最終回に何かありそうです

    • 鈴木一郎
    • 2022年 9月 25日

    そもそもなんですがなぜセスナを襲う必要があったのでしょうか?
    何もしなくてもお父さんが罪被る流れなんだからよくない?

    • kintaro
    • 2022年 9月 25日

    論理的で明解な考察動画有り難うございます。
    一連の連続○人事件の真相が明らかになる前提として、そもそもの事件の発端である弓弦が過去に所属していたアウトドアクラブでの水難事故であることは間違いないと思われます。ただ、実際に当時何があったのか、弓弦の置かれた人間関係にもよるので、事実は分からないので、この動画で紹介された説も含めて次週最終回を待ちたいと思います。
    また、雪松署長が一連の連続○人事件の真犯人が息子の弓弦だと知りながら、それを隠蔽するために数々の冤罪をでっち上げたのは間違いないでしょう。被害者が複数回刺されたと言う事実は、最初はかなりの恨みや復讐心からだと考えていましたが、弓弦が刺した後に雪松が猟奇○人に見せかけるために、残りを刺した可能性はあり得ると思います。
    さらに、最近出番はありませんが、小洗先生の素性については謎なので、最終回で回収されることを望みます。あと最終回を残すのみとなり、ロスになりかけてますが、しっかり最後の考察を楽しみたいと思います。

    • フジ
    • 2022年 9月 25日

    鈴之介のボタンのかけ違え説、ホント台詞が伏線、説得力あります。
    最初に親が庇ってしまったことで、罰せられることなく成長する過程でどんどん狂っていったのでしょうか。
    幼いうちに紡いでおかねばならなかった犯罪の芽は、もしかして12歳の時イジメを水難事故にすり替えてしまった時から?

    「またすぐもとにもどる。」というセリフですが、二重人格ではなくても礒谷君のことを知ってる人に会うと、元の状態ではなくなるのでしょうか。泣きながら「やっと終わった、やっと。」と言っていたのは、もう真相を知る人は全部消したということですかね。
    終わったはずが、直後に星砂に牙をむきましたが…長いウソを話したのだから、ヤケドの痕を隠しておとなしくしていればよかったのに、星砂に気づかれる前にハサミのケースを勝手に開けていました。
    最終話でどういう風に説明されるのか楽しみです。

    • ayax gogo
    • 2022年 9月 25日

    雪松はなぜ真犯人を探せと馬淵に行ったのでしょうか。自分を捕まえてほしかったのでしょうか

    • 中村主水
    • 2022年 9月 25日

    私も弓弦の二重人格、シリキラはないと思ってます。小鳥と悠日が張り込みしてたのも、尾行してたのも雪松は知った上で森園に自白したまでの流れもっていった様に感じられました。弓弦の車での自白も親子で事前に申し合わせて雪松が全て罪を被ると思われます。であれば鹿浜達が弓弦を説得して本当の真実を自白させるしかないでしょうね。

    • 林幸子
    • 2022年 9月 25日

    同意見です👏できれば、星砂の考察もお聞きしたいです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 日本ドラマ考察

    【動画】【緊急座談会】ずっと見てたい、面白すぎる本気のフリートーク!林遣都×仲野…
  2. 日本ドラマ考察

    【動画】【日曜劇場】日本沈没(1973年)のあらすじをエクストリーム解説!過去作…
  3. 海外ドラマネタバレ

    【動画】【ドラマレビュー】”Netflix”が力を入れて…
  4. 日本ドラマネタバレ

    【動画】[ネタバレ]シンエヴァ
  5. 日本ドラマ考察

    【動画】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』感想、日本語に訳してみたら激ヤバ…
PAGE TOP