日本ドラマ考察

【動画】【今週のTVドラマ】春ドラマ各1話感想!

先週の動画はこちらから!!

0:00 導入
0:40 木曜ドラマ/僕らの食卓
4:02 ゲキカラドウ2
6:53 墜落JKと廃人教師
8:17 金曜ドラマ/シガテラ
9:37 夫婦が壊れるとき
10:59 クールドジ男子
11:17 土曜ドラマ/グランマの憂鬱
13:49 なにわの晩さん!美味しい美味しい走り飯
17:10 ガチ恋粘着獣
17:32 日曜ドラマ/王様戦隊キングオージャー
18:59 どうする家康
19:37 グレースの履歴
23:15 だが、情熱はある
27:47 藤子・F・不二雄SF短編ドラマ
28:41 月曜ドラマ/風間公親−教場0−
35:26 かしましめし
40:27 稲妻ムービーマーケット
43:47 火曜ドラマ/幸運な人
47:20 クライムファミリー
48:43 何かおかしい2
51:41 私がヒモを飼うなんて
54:44 往生際の意味を知れ!
57:21 水曜ドラマ/それってパクリじゃないですか?
1:01:31 隣の男はよく食べる
1:04:06 ソロ活女子のススメ3
1:08:23 俺の美女化が止まらない!?
1:08:52 私小説
1:11:47 連続テレビ小説/らんまん
1:12:18 あまちゃん
1:17:41 夜ドラ枠/おとなりに銀河
1:18:58 アフタートーク

シネマサロン情報★Twitter

シネマサロン作品検索ページ

「シネマサロン 映画業界ヒットの裏側」作品検索

「シネマサロン映画業界ヒットの裏側」特別企画一覧ページ

「シネマサロン 映画業界ヒットの裏側」特別企画

数々のヒット作を世に送りこんできた現役映画プロデューサー・酒匂暢彦が、新作旧作を問わず映画及び映画業界の表側裏側を語る映画チャンネルです。
映画をただ鑑賞するだけでなく、監督の制作意図や演出方法、俳優の演技などのクリエイティブ面へ興味関心のある人に対する情報をお届けします。

ナビゲーター:酒匂暢彦<株式会社CHANCE iN 代表取締役>
1984年、日本ビクター株式会社(JVC)入社。1997年、株式会社クロックワークスを設立し、同社代表取締役に就任。 同社で数多くの映画を配給し、02年『少林サッカー』では28億円の興収を記録、09年『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』では興収40億円の成績を上げる。2010年、株式会社 チャンス イン を設立。他の主な配給作品は『CUBE』(98)『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)『マッハ!』(04)『スーパーサイズ・ミー』(04)『THE JUON/呪怨』(05)『運命じゃない人』(05)『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』(07)『ヒトラーの贋札』(08)『アフタースクール』(08)『チェイサー』(09)『ファッションが教えてくれること』(09)近年のプロデュース作品は、『窮鼠はチーズの夢をみる』(20)

<ゲスト:映画宣伝プロデューサー竹内 伸治>
石油会社を経て、1988年4月に株式会社シネマテン入社、同年9月株式会社アスミックに出向、翌89年6月同社に正式入社。当初はレンタルビデオ用の本編映像制作、宣伝材料制作などを担当。16mm文化映画の制作担当、レンタルビデオ営業なども追加され、アスミックの劇場配給進出に伴い、配給宣伝、配給営業、字幕制作、宣伝材料制作、買付などをすべて同時期に担当していたこともある。
16mm映画製作窓口としては大澤豊監督作『さようならカバくん』(89)などを担当。宣伝プロデューサーとして、『ツルモク独身寮』(91/今関あきよし)、『ボブ・ロバーツ』(92/ティム・ロビンス)、『キリング・ゾーイ』(94/ロジャー・エイヴァリー)、『ユージュアル・サスペクツ』(95/ブライアン・シンガー)、『ファーゴ』(96/ジョエル・コーエン)、『八日目』(96/ジャコ・ヴァン・ドルマル)、『日蔭のふたり』(96/マイケル・ウィンターボトム)、『スクリーム』(96/ウェス・クレイヴン)、『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(96/ウディ・アレン)、『スリング・ブレイド』(96/ビリー・ボブ・ソーントン)などを担当。
98年4月に株式会社アスミックとエース ピクチャーズ株式会社が合併、アスミック・エース エンタテインメント株式会社となる。映画宣伝グループ グループリーダー、宣伝部長、取締役宣伝部長、執行役員宣伝担当、常務執行役員映画宣伝グループ/映画製作グループ/大阪営業所担当などを歴任、09年12月31日付で同社を退社。最後の役職はエグゼクティブプロデューサー。
アスミック・エースでの宣伝プロデュース作品に『ビッグ・リボウスキ』(98/ジョエル・コーエン)、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)、『雨あがる』(99/小泉堯史)、『ショコラ』(00/ラッセ・ハルストレム)、『ターン』(00/平山秀幸)などがあり、最後の宣伝プロデュース作品は外国映画『めぐりあう時間たち』(02/スティーヴン・ダルドリー)、日本映画『ジョゼと虎と魚たち』(03/犬童一心)。宣伝監修、宣伝統括としては、『阿弥陀堂だより』(02/小泉堯史)、『ホテル ビーナス』(04/タカハタ秀太)、『間宮兄弟』(06/森田芳光)、『アーサーとミニモイの不思議な国』(07/リュック・ベッソン)、『ソウ』シリーズ(04-11)などを担当。04年からはドリームワークス作品配給に従事、05年から日本公開が始まり、『シャーク・テイル』(04/ビボ・バージェロン、ヴィッキー・ジェンスン、ロブ・レターマン)、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』(05/ブラッド・シルヴァーストーン)、『マダガスカル』(05/エリック・ダーネル、トム・マクグラス)、『ミュンヘン』(06/スティーヴン・スピルバーグ)、『森のリトル・ギャング』(06/ティム・ジョンスン、ケアリィ・カークパトリック)などの統括を手掛ける。08年にはプロデューサーとして、森田芳光監督作品『わたし出すわ』を初めて担当、翌09年に完成し公開した。
アスミック・エース退社後の10年、11年はフリーで、アスミック・エース配給『ソウ ザ・ファイナル3D』(11/ケヴィン・グルタート)、セテラ・インターナショナル配給『あしたのパスタはアルデンテ』(11/フェルザン・オズペテク)の宣伝監修を担当。
11年10月1日付で、株式会社スターサンズ執行役員映画事業担当に就任。ヴェルナー・ヘルツォーク監督作『世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶』(10)、パオロ・ソレンティーノ監督作『きっと ここが帰る場所』(11)、ヤン・ヨンヒ監督作『かぞくのくに』(12)の宣伝プロデュースを担当し、翌12年同社を退社。13年1月劇場公開した、パオロ&・ヴィットリオ・タヴィアーニ兄弟監督作『塀の中のジュリアス・シーザー』をフリーランスの宣伝プロデューサーとして担当した。
また、04年にはペンネームで夕刊フジの映画コラム「スクリーンの裏側から愛をこめて」を4月から9月までの半年間に亘って連載、映画コメンテーターとしてBSフジ「映画大王」(00-01)、TX「ミューズの晩餐」(10-11)などに出演している。

#春ドラマ #レビュー #シネマサロン #教場0 #風間公親 #かしましめし #クライムファミリー #私がヒモを飼うなんて #それってパクリじゃないですか #隣の男はよく食べる #ソロ活女子のススメ #らんまん #あまちゃん

関連記事

  1. 日本ドラマ考察

    【動画】日曜劇場 VIVANT ドラマレポート・考察 1話視聴後その4 VIVANT再考察

    日曜劇場 VIVANT ドラマレポート・考察 ・ 1話視聴後その4…

  2. 日本ドラマ考察

    【動画】【unknown】第6話 血塗られたウェディングの真相が…!次なる犠牲者は誰だ…みんなでこの…

    ご視聴ありがとうございます!少しでも共感できる内容だったら是非チャ…

コメント

    • 梅ちゃん
    • 2023年 4月 16日

    わたしのお嫁くん、面白かったですよ。
    高杉真宙さん、初めて拝見しましたが、とてもよかったです。お二人がきゃいきゃい言いながらお話してくださるの聞きたいです

    • harel Isawa
    • 2023年 4月 16日

    「王様戦隊キングオージャー」はこことは違うチキューが舞台なので、町中のロケが出来ずCGが多用されます。そのためツイッターのトレンド世界ランキング1位を獲得してました。
    他にコクピットに身体拡張ギア・スケルトニクスを使用していたり、グリーンバック合成の他に30m×5mのLEDウォールに3DCGを投影して、演者がリアルタイムでファンタジー世界の中で演技をする事が出来る画期的な撮影をしています。

    • 山川裕子
    • 2023年 4月 16日

    「それってパクリじゃないですか?」に出てた橋本淳さんは「あつし」さんと読みます。
    冬ドラマでは「大奥」「三千円の使い方」「ヒヤマケンタロウの妊娠」と三本のドラマに出て、映画「イチケイのカラス」でも活躍されてました。
    竹内さんにお名前を覚えてもらえるのがうれしく(あっちゃんのファンです)どうぞ今後ともよろしくお願いします!

    • zo m
    • 2023年 4月 16日

    「それってパクリじゃないですか」
    思ってたよりポップな感じでしたけど、面白かったです。Twitter見てたら、弁理士会から紹介メールが届いたってツイートをいくつか見かけましたので、そこまで現実離れはしてないんじゃないですかね。ツイート見る限りですが弁理士の方々は割と好意的に観てたみたいですし、次回も楽しみです。

    • ユリウス
    • 2023年 4月 16日

    『わたしのお嫁くん』

    フジテレビ水10枠は今まで裏被りの日テレのドラマ対決で視聴率で負けていましたが、これで初めて勝ちました。これは、衝撃的なビッグニュースです。フジテレビが狂喜乱舞してる姿を想像してます

    個人的には、『それってパクリ』より、こっちの方が好きかな。面白かったです。

    特にTさんは絶対に好きそう。ドラマのクオリティーも高いです。

    『それってパクリ』の後に、このドラマの話をするのかな?って待っていたら、完全スルーされたのでビックリしました。

    見てないにしても、理由も言わずスルーするなんて。

    忘れてたのかな?

    • ユリウス
    • 2023年 4月 16日

    『教場0』の第一話。タクシーのトリックが『アニメのコナンみたい』だと炎上してましたね。あれは、原作を改変したそうですが、わざわざ何故あんな事したのか自分も疑問でした。

    シリアスなあのドラマの雰囲気にマッチしてないと言うか。個人的には、あのトリックでかなり興醒めしてしまいました。

    北村匠海とガッキーもまだ出てないし、何よりこの作品でドラマ復帰する坂口憲二が楽しみなんで継続して観ようとは思いますが。

    『あなたがしてくれなくても 』

    演出も脚本もキャスティングも素晴らしく、個人的には先週観たドラマではこれが一位です。

    プライムタイムでこんなドラマをやるんだ、と正直びっくりしましたが内容の割に意外と清潔感のある仕上がりで良かったです。

    ただ、タイトルや内容があまりにデリートかつセンシティブ過ぎて家族全員で観たりするのは、かなり躊躇する作品だな、って思いました。

    夫婦とかで観たら、絶対に気まずくなるのでは。

    自分が、その立場なら夜中こっそりTVerで視聴します。(放送翌日からドラマランキング1位、総合でも1位。現在もずっと1位独走中。TVerのお気に入り登録者数も、60万を超えそうな勢いです)

    そんな訳でこの作品は、高い視聴率はあまり期待できないかも知れませんが傑作になる予感がします。

    ただ、『昼顔』が大ヒットした前例があるので、何とも言えないですが。

    • みゃり
    • 2023年 4月 16日

    「シガテラ」「だが情熱はある」苦手なのですね!私は逆に好みすぎて、笑いながら見ています。
    「僕らの食卓」はBL色が強くないので、「きのう何食べた」が大丈夫であれば、ほのぼの見れると思いますよ。原作もほのぼのです。
    「それってパクリじゃないですか」は、確かに思っていたイメージと違って、弁理士の印象が悪くならないかなぁ。。と妹が嘆いてました。そんな中、ともさかりえさん演じる又坂さんが居ることで、上手く中和されているように感じます。弁理士の仕事について、もっと多くの人に認知されていけば良いなと思います。
    今期はお食事系の他に、司法試験合格者が就ける職業、弁理士、弁護士、検事等々、を扱うお仕事ドラマも多いですね。
    他の方々が書かれている様に「わたしのお嫁くん」は、ぜひTさんに見ていただきたいです。「私の家政婦ナギサさん」っぽい要素もあって、楽しかったです。

    • Kuniaki N
    • 2023年 4月 16日

    あまちゃんを取り戻す酒匂さんとあまちゃんに触れられない竹内さん。

    Tさんはどうするどうする?

    • カフェインゼロ
    • 2023年 4月 16日

    あ〜らんまん脱落ですか〜…いやまぁわかります。そもそも朝ドラの子供時代は毎回面白くないんですよねぇ…まだ序盤だし生活習慣なので見続けますけどね。
    教場はそもそもがトリックとか謎解きがどうのこうのってドラマではないと思うので、そのへんの意見は個人的には見当違いかな?
    水曜日のそれパクとお嫁くんのお仕事ドラマかぶりは…ん〜どっちもライトに観れるけど今後の展開次第?ってところでしょうか。ちなみに、芳根さんはポンコツに振り切ったチャンネルはそのまま!という数年前の北海道テレビかどこかの周年記念ドラマが最高傑作なのは異論の余地はありませんので何かの機会にチェックしてほしいです。

    考えたら毎週ドラマや映画数本〜数十本観て、それについての動画出して…ってやってたら休んで小旅行なんて時間なさそうですよね。そうしたらもうチャンネルの企画でみんなで旅行プラス収録でも良いのでは!?

    • とし
    • 2023年 4月 16日

    教場という重そうなタイトルと
    木村拓哉さんの重厚な役どころのイメージがあったので
    推理のネタにキャップがありました
    ナビアプリで『日中弓』と書かれていたって笑
    そんなことしてるヒマあるなら逃げようよ笑

    それこそコロンボとか古畑任三郎とかだったら
    主役のキャラクターが面白くて見てる部分もあるのでまだ許容出来るんですけど

    というかあそこまでの笑えるネタ古畑任三郎でもなかったですよ笑

    そして以前から思っていたのですが
    酒匂さんは七尾さんのYouTube見てますね‼︎笑

    • 奥西 知子
    • 2023年 4月 16日

    BLがお好きでない竹内さんにはムリかもしれませんが、MBSドラマシャワー枠で昨年放送されて一部でものすごく推されていた「永遠の昨日」完全版がとても良いです 演出は「恋は光」の小林監督、映画みたいな凝った映像です TVer配信されてます

    • ちゃんたら
    • 2023年 4月 16日

    朝ドラは生活習慣として見ることが多いのですが、「ちゅらさん」「あまちゃん」「半分青い」はDVDを買ってしまいました。

    • tore toretore
    • 2023年 4月 16日

    大量のドラマ視聴、お疲れ様です!
    私は「それってパクリじゃないですか?」は、展開もキャラもオチも、あとソフトボール部活での体験が人物設定だけでなくストーリの最後まで絡んで相当しっかりした内容だなと面白く見ました。OPは各洋画のパロディで話題にもなっていましたね。あとはテイストの好みでしょうか‥

    触れられていなかった水10裏のフジ「わたしのお嫁くん」は後で見たのですが、こちらもテイストがライトで酒匂さん竹内さんには合わなそうだなと思われながら、意外にドラマとしてちゃんと作られていてあり得なさそうな話に説得力ある設定背景で、刺さるセリフも多くこちらも面白く見ました。
    Tさんは好みの作品では?と思われたので、未見でしたらTさんだけでも初回だけでも是非‥

    「だが、情熱はある」はお笑い芸人の話の割にテンポが今一つで、あと1.5倍速ぐらいのカット割りやテンポ感が出れば面白く見られたかなとは思われました。
    「風間公親 教場0」は雰囲気やそれぞれの演技最高!特に堀田真由さんの伊上幸葉が良い味出していると思われましたが、少し触れられたように事件中身が少し弱いのが気になりました。「99.9 Ⅱ」や「石子と羽男」のようなリアルな事件と地続きな中身なら好みでしたが‥でもまだ初回ですし十分面白くは見ました。
    「シガテラ」はなるほどこういう話かと思われて、これは間口が狭くて好き嫌い分かれるよなとは正直思われました。(ところで「シガテラ」原作の古谷実さんの2017年TBS深夜ドラマ「わにとかげぎす」(くりぃむ有田哲平さん、本田翼さん、賀来賢人さん、吉村界人さん、コムアイさん、淵上泰史さん、村上淳さんなど)も好みが分かれるドラマでしたが、こちらは私のフェイバリットドラマでした。)

    他の私が見れていないドラマも含めて意見違いも含めて楽しく参考になりました。
    無理せず出来る範囲での鑑賞で、次回以降も楽しみにしています!

    p.s. ところで「それってパクリじゃないですか?」に対して弁理士の皆さんの感想はどうなんだろうとの話も出ていましたが、Twitterでドラマの感想を検索していると弁理士の皆さんの感想もかなり書かれていて、ほぼ弁理士の皆さんは絶賛の内容だったようです。知財関係の描写は弁理士の監修も入っているからか弁理士クラスタから見ても(虚偽証言を勧めるや、相手がすぐ納得というのは疑問あれど他は)整合性が取れた内容だったようです。それよりも弁理士がドラマ等で扱われることはほぼなく、題材になっているだけで感激している弁理士の方がTwitterでのドラマ感想を見る限りは多数だったようでした。

    • 井出昌宏
    • 2023年 4月 16日

    バタアシ金魚は望月峯太郎先生ですね。
    なんとなく古谷実さんと被るのはわかります(望月さんファンには怒られるかもしれませんか…)

    • 高橋健一
    • 2023年 4月 16日

    「だが情熱はある」は竹内さんと同じく全く面白くなかったです。
    あまり期待もしてなかったですけど、ストーリーもエンディングのカッコつけた感じもはまらなかったですね。一応、まだ様子見します。
    「教場0」はトリックについて色々と文句が飛び交っているらしいですが、こちらも竹内さんと同じくTVドラマなんで楽しく見れたらいいので全然、違和感などありませんでした。
    皆さん、スペシャル版の方をご覧になっていないという事で、お忙しいと思いますが是非観て頂いた方が今回のドラマもより楽しめると思います。次回以降も豪華な役者さんたちが控えていますし、毎回、さんまさんが登場するのかも注目してます。

    • 亀丸少年
    • 2023年 4月 16日

    TVドラマの動画アップ、本当にご苦労様です(^.^)(-.-)(__)
    僕は、🎦鑑賞&配信ドラマ(厳選)視聴だけで、これからも😅

    • S.P
    • 2023年 4月 16日

    わたしのお嫁くんは、視聴率とTVerのお気に入り数でも同枠のそれパクより上ですね!

    • Seaだっくん
    • 2023年 4月 16日

    私のお嫁くんの感想も聞きたいです!

    • 野村香織
    • 2023年 4月 16日

    まさか、王様戦隊キングオージャーをみられたとは⁉️
    私が見てるのは黒の人が佳久創さんで、鎌倉殿の13人の時に弁慶をやってた人だからです。
    ただ、はじめて見たらあまりにスゴイストーリーだったので😆ちゃいました。
    その人はなぜ見てほしかったのでしょうか?
    きになりますね。
    でもまさか本当に見てくれたのにはビックリ‼️です。

    • Naked
    • 2023年 4月 16日

    「グレースの履歴」
    いつぞやの回でコメントした通り、あのグレースはやっぱりヨーロッパ(フランス)向け輸出車でしたね?何とそれどころかモナコに!(「裏窓」でのジェームススチュアートへのモーニングキスの、この世の物とは思えないグレースケリーの美しさを思い出しました😅)
    で、ミステリータッチのドラマかと思いきや、今回はすっかり車好きエンスー向けコミック「GTロマン by 西風」みたいになってました。大好物な私にとっては神回でしたね😅
    なぜ、どうやってあの車が美奈子の元に来たのか?あたりも今後の行先に出て来るんでしょうか。
    それにしてもこのドラマ、エスハチの麗しさももちろん、風景も構図もとにかく画がキレイで、出来ればスクリーンでも観てみたいなと思う仕上がりだと思います。興行的には弱いかもしれないけど😅

    「藤子F不二雄SF短編ドラマ」
    「おれ、夕子」に、しばらく見てなかった「突撃!カネオくん」の女の子が夕子役で出てて、ずいぶん成長したな〜と親戚の叔父さん目線になってしまいました😅

    「稲妻ムービーマーケット」
    う〜ん、2回見た感じではさすがにぶっ飛び過ぎな気が😅。こんな感じでずっと行くのか、それとも今後少しは落ち着くんでしょうかね?もうちょい様子見かな?

    竹内さん>そうだったんですね?一瞬見た気がして後で読もうと思ってたらなかったんで、幻だったのか?と思ってました😅

    あと、NHKの朝ドラはBS12で夜7時から一週間分まとめて、ってのもやってますね。名作「カーネーション」や「マッサン」なんかもやってたんで「あまちゃん」もNHKの再放送の後にはやるかも。

    • 山田正樹
    • 2023年 4月 16日

    「墜落JKと廃人教師」で高石あかりは驚き!!MBS系列で私はテレビ神奈川で見れています。

    「だが、情熱はある」演出が壊滅的と思った、中田青渚が出るので2話目一応見まて判断。

    「風間公親 教場0」物語は面白いと思いますが、トリックが分かりやすすぎて・・・
    ちなみに自白だけでは公判維持は難しいと思いますが、それ切っ掛けで物証集めると考えられます。

    「かしましめし」竿兄妹は笑いましたw 飯テロが弱いのは不満です。
    餃子だとアンのキャベツ少な目に入れないと・・・あれ自分的に無理だと思いますので。

    「それパク」芳根ちゃんが今までにはない役柄演じるのは楽しい。重岡くんがツンなのは意外性、
    どう広げていくのか?というところは確かに不安点ですよね。

    「あまちゃん」面白いですねー、浜辺美波出る前に「らんまん」脱落ですかw
    NHKとしても能年玲奈のシルエットはある意味著作にあたるのかな?レプロの著作なら法的に無理は
    仕方ないと思います。法廷闘争起こすつもりないでしょうからねNHKとレプロ、ピエール瀧も同様ですかね?
    あくまで作品は能年玲奈としてのレプロものんもNHKも納得なら法的に問題なしでの放映なのでしょうね。

    • ブルースカイ
    • 2023年 4月 16日

    『どうする家康』もしお二人が脱落ならさみしいですね。古沢良太さんが前半のクライマックスと仰る、三方ヶ原の戦いがもうすぐという処。キャストも発表されているだけで、眞栄田郷敦、板垣李光人、広瀬アリス、松井玲奈、細田佳央太、立川談春、白洲迅、久保史緒里、當真あみ、毎熊克哉、長尾謙杜、岡崎体育さんらが控えています。もしお二人が脱落しても個人的に、ここでの感想コメントは続けていくつもりです。ちなみに、今月上旬にお田鶴の椿姫観音と長篠・設楽ヶ原古戦場、大河ドラマ館など巡ってきました。長篠・設楽ヶ原の戦いや、岡崎体育さんが演じる鳥居 強右衛門(すねえもん)の逸話がどう描かれるか楽しみです。

    『教場0』スペシャル視ていませんが、キムタクで刑事ものは鉄板。安定感がありました。毎週視ます。

    • Shin Ichikawa
    • 2023年 4月 16日

    らんまんは神木隆之介さん出てきて面白くなりそうなんですけどねえ。宮藤官九郎さんのドラマは当然いつも面白いんですがマニアックになりがちところ能年さんがうまく中和剤になってますよね。そして橋本愛さんの美しさよ。
    キャストがみんな存在感示してるところがすごいです。

    • アズマ
    • 2023年 4月 16日

    まだ1時間24分、全部目を通しているわけではないのですが、しつこく催促してしまって申し訳ないのですが、前回の『今週のTVドラマ』の詳しい意見や感想にハートマークがないのですが、チェックされているのでしょうか?

    自分のコメントが全部読める時間がないのであれば、詳しい意見や感想を書くのはやめて、短い短評程度のものにしますので、春クールも何卒参考にしていただけたらなと思っています。

    木曜〜金曜ドラマまではひと通り観ましたよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 韓国ドラマ考察

    【動画】【ドラマ紹介】韓国の高校に現れた超大型ヒキガエルの怪物
  2. 日本ドラマネタバレ

    【動画】【主題歌入り特報③】ONE OK ROCK「Delusion:All」に…
  3. 海外ドラマネタバレ

    【動画】【期間限定】イタリア発国民的人気医療系ドラマ「DOC(ドック) あすへの…
  4. 日本ドラマネタバレ

    【動画】「グリーン・ナイト」殺されに行く旅路はとにかく孤独!ネタバレ感想!
  5. 韓国ドラマ考察

    【動画】【禁止語ワードゲーム】韓国ドラマ『最悪の悪』キャストで挑戦!チ・チャンウ…
PAGE TOP